RSS | ATOM | SEARCH
2010.9.12 Bright☆A〜椿屋四重奏〜 その4
0
    カテゴリーにBright☆A〜椿屋四重奏〜を追加しました。
    全投稿終了後しばらくしたら椿屋ラジオまとめに移動したいと思っています。

    長いので続きまで書いております。
    後半は続きを読むで見てね〜。

    い:DJ井上崇さん
    ゆ:中田さん
    り:りょうちんさん
    た:たかしげさん

    ♪ LOOK AROUND

    い:まぁ特に僕がやっぱ気になるのは

    ゆ:はい

    い:インディーズ時代にもアルバムをリリースしていてさらにメジャーに来て、

    ゆ:はい

    い:今回3枚目ってことになるんですけれども

    ♪ BGM ミス・アンダースタンド

    ゆ:そうですね

    い:そのーそれでやっぱりアルバムを作っていくなかで
      この10年間にやっぱそれぞれのなかでこ色々考え方っていうか
      アルバム製作ってものに対する考え方に
      当然変化はしてきてますよね。

    ゆ:そうですね

    い:最初一枚目を例えば出したときから

    ゆ:はい

    い:今回最新(聞き取れず^^;)比較した場合に

    ゆ:はい

    い:大きく違うのって何だと思います?考え方として

    ゆ:ファースト、メジャーファースト?

    い:そうそうそうそう


                              
    ゆ:Tokyo City Rhapsody?
      大きく違うのはーんー
      Tokyo City Rhapsodyはかなり肩肘張って・・・作ったー

    い:は〜

    ゆ:感じはあります。
      やっぱりメジャー一発目だったっていう

    い:一発目

    ゆ:気持ちがどうしてもあったんで、

    い:んー

    ゆ:んー、あとやっぱりなめられないものを作りたいっていう

    い:あー

    ゆ:気持ちもすごくあったんで

    い:あーあーうんうん

    ゆ:うん、いまだにすごく好きな作品ですけどね。

    い:はいはいはい

    ゆ:でも今回、まぁCarnivalはー

    い:うん

    ゆ:その逆って言うかほんとにメジャーに来たことを証明する

    い:ふんふんふん

    ゆ:ためのアルバムって言うか

    い:うーんうーん

    ゆ:これはもうメジャーでしかやれない世界観だったり

    い:うん

    ゆ:スケール感だったり。
      そこにまぁこだわって作ったりして

    い:あー

    ゆ:POPさですね

    い:そこはまぁたぶんメジャーっていうシーンが
      わかった上で作られたアルバムっていう感じ

    ゆ:うん

    い:うんうんうん

    ゆ:で、三枚目はそういう色んなまぁアルバムを出す毎に

    い:うーん

    ゆ:自分なりに立てたコンセプトみたいなものをなんかやっとなくせた
      すごい、

    い:おーー

    ゆ:本当に純粋に音楽を作れたっていう

    い:はぁはぁはぁ、取り払われた

    ゆ:はい

    い:おーたぶん心にゆとりが出来たっていうかなぁ

    ゆ:そぅーなんですかね。
      自信が持てたのか・・・・

    い:あー

    ゆ:うん
      あっ俺はこういう表現をするー。
      毎回そういうことは言ってたんですけど

    い:うん

    ゆ:なんか今回初めて、そう思えた。心から。

    い:あーそうか、だから客観的に自分を見れるようになった。

    ゆ:そうですね。

    い:あー

    ゆ:持ち味とかね。

    い:はいはいはい

    ゆ:この歌はこうでこの曲はこうで

    い:うんうんうん

    ゆ:その辺が全部、自分でなんか掌握できた

    い:ほー

    ゆ:コントロールできてた

    い:おー

    ゆ:はい

    い:ほっほー。
      やっぱりね、こうかなり変化を遂げてきてる

    ゆ:はい

    い:ねー。
      まぁお2人にも伺いたいんですけども

    た&り:はい

    い:じゃあ同じような質問。
      アルバムごとに気持ちの変化でいうとどういう所が変化したと思います?

    た:そーですね、やっぱりまぁ最初のうちはーあんまり、わ、
      色々経験もーまぁないですし、

    い:うんうん

    た:わからないままに、
      でもなんかすごいバンドに対する自信だけすごく持ちつつやってたから
      たぶん勢い

    い:んー

    た:が、すごかったんじゃないですかね。

    い:うんうんうん

    た:うん。
      ただまぁそういう色んな表現するテクニックとかそういう気持ちの面では
      まぁそういう未熟なところがあって
      その辺が、やっぱ年を重ねるごとにでてきて

    い:はぁはぁ

    た:んーそういう

    い:自分の中でも成熟していく感じってのは
      なんか、なんとなく体で・・・

    た:そうですね。
      やってく、るうちはそこまでわかんないですけど、

    い:うん

    た:振り返ってみるとけっこうわかりますね

    い:あー

    た:うん

    い:その時はわりともうその都度必死だけど

    た:もうそうですね、必死(笑)

    ♪ BGM 流星群

    い:今こう比較して

    た:うん振り返った時

    い:うんうん

    た:そうですね。

    い:うーん。
      それは何か例えば後からアルバムを聴いてみて

    た:うん

    い:何か感じる部分ってあるもんなんですか?自分で

    た:ありますね。
      何か最初はーやっぱり自分の中であんまりテクニックがなくて
      へたくそだっていうイメージが自分でずっとあったんですけど、

    い:ほぅほぅ

    た:結構聴いてみると、いいんですよ。
      何か・・・・そういうないけど、
      テクニックはそんなにないけど、その、な、気持ちとかそういう

    い:んー!

    た:わからない・・・なんなんでしょうね。

    い:だから要するにそうやって思ってたほど

    た:ん

    い:聴いてみると結構いい

    た:そうなんです

    い:プレイしてんじゃない?っていう

    た:やっぱその時なりのそのー

    い:はぁはぁはぁ

    た:やっぱ良さが出てる

    い:個性みたいな

    た:うん

    い:うんうんうん

    た:だったんじゃないかと思うんですけど

    い:はいはいはい。それはアルバムごとに

    た:そうですね。うん。

    〜〜続く〜〜

    次はりょうちんです。

    やっぱり・・・4日はラジオですね・・・。
    が、たぶん大晦日ライブのお知らせとかが中心じゃないかと思うので
    文字起こしはしないです^^;
    (スタジオ前にも行かないです〜w)
    何か特別なお話しがあったときはこちらかついったで^^
    author:きぃの, category:椿屋ラジオまとめ, 15:03
    comments(0), trackbacks(0), - -
                          
    Comment









    Trackback
    url: http://kiino.smile.her.jp/trackback/908089