RSS | ATOM | SEARCH
2009.9.12 Bright☆A〜椿屋四重奏〜 その5
0
    カテゴリーにBright☆A〜椿屋四重奏〜を追加しました。
    全投稿終了後しばらくしたら椿屋ラジオまとめに移動したいと思っています。

    長いので続きまで書いております。
    後半は続きを読むで見てね〜。

    い:DJ井上崇さん
    ゆ:中田さん
    り:りょうちんさん
    た:たかしげさん

    い:んー、で・・・・

    り:こー裕二がやろうとしている音楽に寄り添えるようになってきたというか、

    い:ほー

    り:今回のアルバムでは特に感じたんですけど

    い:それは作品をリリースするごとに

    り:そう

    い:近づいてきた感じ

    り:そこまで考えてなかった。昔は

    い:うん

    り:例えばインディーズの一枚目のとかは
      本当にそのパッションだけでやってたし

    い:んーんーんーんー

    り:それはそれで、まぁ言ってたけど
      それはそれでいい、物ができたと思うんですけど

    い:うんうんうんうん

                              
    り:なんかすごい、なんか今回のアルバム作って
      なんかちょっとなんか(聞き取れず^^;)できたな

    い:それはまぁある程度余裕が出てきた?

    り:余裕ー。
      余裕って俺ずっとないのかもしんないですけど

     −−アハハハハ−−

    い:勢いだけだったものが、だんだん

    り:でもそれがその その歌のタイム感とか

    い:あーあーあー

    り:表現したい感情とか、それに対する俺は何をすればいいのか

    い:あー

    り:ドラムで何をすれば、どういうタッチをだして

    い:あーあーあー

    り:どういう音を出していけば
      あのーより良い物が出来るのかっていうところへ
      ちょっとだんだんと・・・

    い:んーじゃぁでも自分の立ち位置とか
      役割が明確になってきたってことですよね。

    り:そうです。
      でき、もう僕のできることってたぶんもうそんな少しのことで

    い:んー

    り:それでどれだけこう真剣にできるか

    い:んーーーーー
      あとライブとかでいうとどうですか?

    ゆ:ライブーに関しては
      んーーーまぁ最初の方はやっぱり
      なかなかやっぱ俺のなんか理想のライブのやり方っていうのがあって

    い:んーんー

    ゆ:結構その、スタジアム系のバンドの見せ方

    い:はいはいはい

    ゆ:好きだったりしたんで

    い:あぁあぁ

    ゆ:その辺ーをやっぱ求めてしまうと

    い:んーんー

    ゆ:まぁアグレッシブさがやっぱり

    い:んーんー

    ゆ:もう少し欲しいなーとか

    い:んーんー

    ゆ:もっと意思を統一してるような

    い:あーあー

    ゆ:ライブにおける、一体感

    い:んー

    ゆ:が出せたらいいなぁとか、そういうのは昔はありましたけどね。

    い:あー

    ゆ:だんだんだんだんやっぱり まぁそれは色々話したりとかね、

    い:うんうん

    ゆ:実験していくなかで

    い:うんうん

    ゆ:まぁ少しずつですけどね。
      できるようになって、
      まぁ自分も出来てないーかったんですけど、自分も、うん。

    い:理想を思い描いて、なかなかそこへこう

    ゆ:そうですね。

    い:ちょっと近づけない自分がいるというか

    ゆ:うーん

    い:思い・・・もがいている感じというか

    ゆ:そうです。

    い:んー

    ゆ:でも俺もやっぱ  自分の? なんか自分なりの見せ方とか

    い:んーんーんー

    ゆ:自分なりのライブの組み立て方だったりとか

    い:んー

    ゆ:まぁMCだったりとか、

    い:んー

    ゆ:でもやっぱここ2年くらいはやっと
      なんかこうまぁつかめてきたっていうか(笑)

    い:おー

    ゆ:まぁ椿屋四重奏としてのライブの見せ方

    い:おーうんうん

    ♪ 思惑と罠

    −−CM−−

    ♪ BGM ロンサム

    い:まぁ8月4日に

    ゆ:はい

    い:まぁさっきもチラッと出ましたけれども

    ゆ:はい

    い:「孤独のカンパネラを鳴らせ」という

    ゆ:はい

    い:アルバムが出ておりますけれども
      まぁなんかそのやっぱりこうこれまでの変化を聴いていくと、
      まぁ今作で行き着いた部分というのか
     
    ゆ:はい

    い:そういうのも見えてくるのかなって

    ゆ:うんうんうん

    い:感じもするんですが

    ゆ:はい

    い:僕はまぁ前にも言ったんですけれども
      なんかその反動で、CARNIVALからの反動がかなりこう

    ゆ:ふん(笑)

    い:両極な反動になってるなぁというのが

    ゆ:そうですね

    い:印象としてあったんですが
      そこはこう事前の成り行きというか

    ゆ:んー

    い:なのかな?

    ゆ:自然でした。

    い:んー

    ゆ:うん。
      まぁCARNIVALーまぁね今はすごいこういい作品だっ・・・
      これ実は正直作った後はあんまり納得できてない部分もあったりして

    い:へーうんうんうんうん

    ゆ:んーなんか・・・理想のバンド像

    い:うんうんうんうん

    ゆ:に、すごくまぁ
      ち、なんだろう ま、近づけたっていうか

    い:うんうん

    ゆ:それ相応のバンド、見せたいところが強くあったんですけど
      で、今までの椿屋にはない こう明るい部分

    い:そうだね

    ゆ:POPさとかを

    い:んーんー

    ゆ:まぁすごくこう求めて作ったんですけど、
      なんかやっぱり、これ本当にその・・・・
      俺、なのか?みたいな部分も結構あったりして

    い:あー

    ゆ:ちょっとしたギャップをね、感じたり

    い:んーんー実際近づけてみたものの

    ゆ:んー

    い:なんか違うんじゃないか

    ゆ:そうそう

    い:椿屋四重奏じゃないんじゃないか

    ゆ:なんかこれ、んー

    い:俺がやりたいことは本当にこれだったのかって

    ゆ:そうですね。

    い:んー

    ゆ:でもすごいメロディとか楽曲はなんか
      まぁ我ながらすばらしい(笑)出来だと

    い:うんうん

    ゆ:思ってんですけど

    い:んー

    ゆ:ただその服が自分にこうはたして本当に合っているかどうかって
      考えた時になんかちょっと違うサイズ感みたいな

    い:あー

    ゆ:んはっ

    い:あーなるほどね

    ゆ:な思いがね作った直後は結構あってー

    い:あーはいはいはいはい

    ゆ:で、それはそのツアーをやっていく中で解消されていったりした

    い:はぁー

    ゆ:だんだんやっぱりまぁ自分のものになって

    い:なじんでくるから

    ゆ:くるからね

    い:そうだね。うんうん へー
      まぁそういうだから中田君の話を聞いて2人はどう?
      でもそこは「イヤそんなことはないんじゃない」って感じなのか

    り:いや

    い:やっぱりなんとなく

    り:そんなことないよーってずっと言ってました。

    い:あー

     −−アハハハ−−

    り:いや〜って言ってるから。
      すごいいいじゃんっつって、言ってライブまわってた。

     −−アハハハ−−

    い:あーそういう感じなんだ。

    ゆ:まぁねぇやっちんの、ツアーの序盤にやっちんの脱退も決まっちゃったんで
      なんかねー本っ当っにもうモヤモヤしてて

    い:あー

    り:そこで一緒にモヤモヤしたらダメだなと思って

    い:まぁそうだね確かにバンドとしてね。
      でもそれをそのー次へとシフトするっていうことは

    ゆ:はい

    い:んとータイミング的には
      もうツアー中にわりとこの今回の作品のことは視野に入ったというか

    ゆ:そうですね。
      ツアーをやっててそのCARNIVALってものを自分の中で消化していく中で

    い:うんうんうん

    ゆ:もう見えてきましたね。

    〜〜続く〜〜

    あともう少し・・・・かも(笑)
    今週中に何とかがんばりたいです!
       

    author:きぃの, category:椿屋ラジオまとめ, 16:11
    comments(0), trackbacks(0), - -
                          
    Comment









    Trackback
    url: http://kiino.smile.her.jp/trackback/908090